2010年08月05日

治療例



ここではルート動物病院での手術治療例を紹介させてもらいます。


治療例
突然腰が抜け、後ろ足が立てなくなったミニチュアダックスフント


身体検査、レントゲン検査およびMRI検査で胸腰椎の椎間板ヘルニアと診断しました。
MRI写真で黒い部分が脊髄を圧迫しているのがわかります。
ブログ用.JPG
ラテブログ用.JPG

自力で排尿が出来ず、足先の感覚も消失する程に神経麻痺が進行していたため
一刻も早い手術が必要とされました。
骨を削り脊髄を露出して、圧迫している物質を取り除きました。
下の写真は圧迫が解除された後の脊髄ですバッド(下向き矢印)

moka usui 002.jpg

手術翌日から足先の感覚は戻り、数日後には後ろ足で体を支え、足も動かせるようになりました。



治療例
事故で骨盤を骨折した猫


後足で起立、排便(尿)ができるように骨盤腔の確保が必要となります。

_001[1].jpg

骨盤の骨折整復はプレートとスクリューによる堅固な固定を実施しました。

postope after ilium fractuteIMGP0292[1].JPG




治療例
頻回の嘔吐で来院したラブラドール


レントゲン、超音波検査で腸内異物を確認し、緊急に開腹手術が必要と判断しました。

001.JPG

小腸内にスーパーボールが詰まっていました。摘出後、嘔吐はなくなり、手術後2日目で退院しました。

003.JPG



治療例
テーブルの高さから落下し、前足の橈尺骨を骨折したパピヨン


写真から手首に近い場所で骨折しているのが明らかです。
黄色い部分は皮膚の色ではありません。整形外科では無菌的手術が必要なため、黄色の消毒液がついたシートを貼ります。


CIMG4220.JPG

体重の負荷がかかる場所のため、プレートやスクリューなどの堅固な固定が必要となります。

r.JPG

手術後、しばらくは安静となります。数ヵ月後、場合によってはプレートやスクリューを除去します。



治療例
以前にブログで紹介させてもらったF.BULLのHちゃん


喉がガアガア鳴る呼吸困難は、ピンセットでつまんでいる軟口蓋の過長が原因と考えられました。

fbull pre.jpg

レーザで切除しました。ピンセットでつまんだ組織はなくなっています。手術後、喉を鳴らす呼吸困難は改善しました。
hug post.jpg

posted by ルート at 18:32| 日記